作品紹介

mainimage.jpg
ある女優の「死」をめぐる、近未来サスペンスコメディ

ラボチプロデュース のと☆えれき公演

「私の名前は、山田タロス。」

作:二朗松田(カヨコの大発明) 演出:のと☆えれき

2021.7/177/24

logo.jpg

西暦2040年。人類はアクトノイドと呼ばれる人造人間の発明に成功。しかし、そのプログラムに重大なバグが発見され、アクトノイドは即時回収、その姿は街から消える。 西暦2045年。ある晩起こった殺人事件。容疑者は舞台俳優、山田タロス。被害者は女優。公演終わり、山田の楽屋に一人の男が尋ねる。北海道警察サイバー犯罪対策課、牧内。牧内は山田に二つの疑いの持つ。一つは殺人事件の犯人として。もう一つは回収されず逃亡したアクトノイドとして……。

公演日程

7/17(土)
18:00

配役:山田タロス
能登英輔

7/18(日)
18:00

配役:山田タロス
小林エレキ

7/19(月)
19:30

配役:山田タロス
能登英輔

7/20(火)
19:30

配役:山田タロス
小林エレキ

7/21(水)
19:30

配役:山田タロス
能登英輔

7/22(木・祝)
14:00

配役:山田タロス
小林エレキ

7/23(金・祝)
14:00

配役:山田タロス
小林エレキ


18:00

配役:山田タロス
能登英輔

7/24(土)
13:00

配役:山田タロス
能登英輔


17:00

配役:山田タロス
小林エレキ

※開場は開演時間の40分前です(上演時間は多少前後する場合がございます)

キャスト・スタッフ

■キャスト

能登英輔/小林エレキ
配役を変えて交互上演します。 詳細は公演スケジュールをご確認ください。

■スタッフ

演出補:遠藤雷太 音楽:イナミセイジ 舞台監督・舞台美術:高橋詳幸(アクトコール株式会社)
照明:相馬寛之 音響:山口愛由美
プロデューサー:小室明子

演出家メッセージ

Voice〈過去アンケートより〉

期待をはるかに上回るストーリーで、二転三転したものをラストのセリフでひっくり返されてしまい、すごく気持ちのいいパニックになっています。脚本もさることながら、お二人のお芝居は本当に圧巻です。

すごく面白かったです! 能登さんの内に秘めた演技も、エレキさんの緩急のすごい演技も素敵でした。

役者のお二人が素晴らしかった。二人で劇場の空気をコロコロ変えてく。重くしといて軽くなんて楽勝。仕草ひとつでストーリーから脱線して、接客モードな演技になったり。ボケたセリフじゃなくてボケた空気がある。役者や。

料金(前売り・当日共通)

日時指定/全席自由
税込
未就学児童入場不可
[一般] 3,000円
[学生] 1,500円

チケット取り扱い

ローソンチケット
Lコード:18001
チケットぴあ
Pコード:506-165
道新プレイガイド
TEL:0570-00-3871
https://doshin-playguide.jp/
市民交流プラザチケット
センター店頭

https://sapporo-cp-members.jp/

会場

シアターZOO
札幌市中央区南11条西1丁目ファミール中島公園B1F
TEL:011-551-0909
HP:https://www.h-paf.ne.jp/ogist/

[アクセス]
地下鉄南北線「中島公園駅」1番出口より徒歩5分
※駐車場はございませんので公共交通機関をご利用ください。

map

お問い合わせ

ラボチ
TEL: 050-3698-5920 Eメール:https://www.sapporo-engeki.com/contact

pagetop