音楽劇

特設ライブエールシアターSpecial LIVE

音楽劇「ピーターと狼」

作曲:セルゲイ・プロコフィエフ 構成・演出:斎藤歩

写真

見たことのない、聴いたことのない、一度限りの「ピーターと狼」を。

札幌座斎藤歩の演出、TEAMNACS森崎博之の朗読、そして札幌交響楽団による演奏。いまだ出口の見えないコロナ禍にあってもライブのステージにこだわり続ける北海道のアーティストたちがタッグを組み、ジャンルを越えて音楽の力と、ライブの魅力をお届けします。
それは誰も観たことのない自由で痛快なピーターと動物たちによるオオカミ退治の物語。
一日限りの夢のステージをどうぞお見逃しなく。

公演情報

日程

10/27(水)15:00/19:00

開場は開演の30分前 ※当日の入場方法は後日本サイトで発表いたします。

会場

特設ライブエールシアター(旧北海道四季劇場)

札幌市中央区大通東1-10

指揮

松本宗利音

演奏

札幌交響楽団

出演

森崎博之(TEAM NACS)/東李苑(クリエイティブオフィスキュー)/斎藤歩(札幌座)

舞台美術

ペングアート

料金

一般:4,000円(税込) 小中学生:2,500円(税込)

※前売当日共通・全席自由・未就学児入場不可

チケット

※チケットは9月15日(水)10:00より販売開始。

●ローソンチケット
Lコード:12351
ローソン店内Loppiで購入可
各公演のチケット詳細は 
https://l-tike.com/jlyp-hk/

●市民交流プラザセンターチケットセンター店頭
札幌市民交流プラザ2階 [10:00〜19:00 休館日を除く]

●道新プレイガイド
TEL.0570-00-3871 
https://doshin-playguide.jp

出演者紹介
  • 写真

    指揮 松本宗利音

    【MESSAGE】
     昨年は、長い間お客様の前で演奏することのできない、辛い日々が続きました。しかし、本当にたくさんの方々からご支援を頂き、感謝の思いとともに、音楽の素晴らしさを伝えていくことの大切さを改めて感じています。
     「ともに生きよう」プロジェクトで、私たちに大きな勇気を与えて下さった森崎さんと、再びご一緒させて頂く今回の「ピーターと狼」は、ナレーション付きの音楽物語。森崎さん、東さん、斎藤さんのナレーションと、私たち札幌交響楽団の音楽がどのように展開していくのか、今からとても楽しみです。 会場でお待ちしております!

  • 写真

    演奏 札幌交響楽団

    コンサートマスター 田島高宏 / 1stヴァイオリン 赤間さゆら・岡部亜希子・高木優樹 / 2ndヴァイオリン 小林美和子・鶴野紘之・土井奏・中村菜見子 / 
    ヴィオラ 廣狩亮・鈴木勇人・櫨本朱音 / チェロ 石川祐支・武田芽衣 / コントラバス 吉田聖也 / フルート 川口晃 / オーボエ 宮城完爾 / 
    クラリネット 白子正樹ファゴット 坂口聡 / ホルン 山田圭祐・𡈽谷瞳・折笠和樹 / トランペット 鶴田麻記 / バス・トロンボーン 澤山雄介 / 
    パーカッション 入川奨・大家和樹

  • 写真

    森崎博之(TEAM NACS)

    【MESSAGE】
     朗読劇はシンプルなエンタメです。照明や音や衣装のチカラを借りながらも、役者の言葉だけで表現し、お客さんの想像力で補完されるこの世界が大好き。CGやテロップなど濃い味付けのない、いたって簡素なお料理のようで大好物です。
     斎藤歩さんは昔からずっと手の届かない存在の大先輩で、今回お声がけいただき共演できることに心から感謝と興奮をしています。東李苑は事務所の後輩で、妹分というより娘みたい。魅力的な存在感で舞台を華やかに彩ることでしょう。
     ここに札幌交響楽団が私たちを鼓舞してくれる。ナチュラルで荘厳な演奏が、劇場まるごと極上のお料理に仕上げてくれる気がして、もうワクワクが止まりません。

  • 写真

    東李苑(クリエイティブオフィスキュー)

  • 写真

    斎藤歩(札幌座)

    【MESSAGE】
     「ピーターと狼」は、オーケストラとともにお届けする、少年ピーターが動物たちと協力してオオカミを退治するリーディングドラマです。それぞれの楽器の音色が登場する動物や人物を表現してくれる愉快な音楽劇で、札幌交響楽団の皆さんからのご提案を受けて、読み手は「森崎くん」と思いつき、すぐに快諾をいただきました。東李苑さんの力も借りて、もっと自由で痛快なピーターと動物たちによるオオカミ退治の物語をたった一日限り、札幌で実現しようとしています。「ペングアート」の子供たちによるボーダレスな極彩色の舞台美術とともにお届けします。重苦しい日々が続く中ですが、冒険する心を忘れず、明るい兆しが感じられるライブステージを用意して、皆様を空っぽの劇場でお待ちしています。

舞台美術
  • ペングアート

    アートで子どもの療育をサポートする児童デイサービス「ペングアート」が舞台美術を担当! 子どもたちの絵はいつだってパワーいっぱいで鮮やか!