プログラム

観光連携プロジェクト

SINRIT アイヌ女性のルーツを探る出発展

写真

アイヌ語の「シンリッ」は、植物の根の他に祖先の意味を持つ、英語のrootに近い言葉です。
私は、アイヌに生まれて、それをきちんと認識するにつれて、アイヌであるということ自体が非常に複雑な立場であることを感じてきました。ウポポイの開館でアイヌに注目が集まる中、多くの方の中に限られたイメージの「アイヌ像」があることを痛感しています。
そこで、今回は、現代日本に生きる私が育ってきた環境や家族、そのルーツを改めて探り、紹介したいと思います。

公演情報

日程

2021年1月中旬から一週間程度を予定

会場

CAI03(仮)予定

入場無料

※詳細は決定次第発表します。

参加アーティスト

写真

MAYUNKIKI

アイヌの伝統歌を歌う「マレウレウ」のメンバー。音楽分野だけでなく国内外のアートフェスティバルにパフォーマンス参加多数。アイヌ語講師、札幌国際芸術祭(SIAF)2017 バンドメンバー(企画チーム)、SIAF 2020ではアイヌ文化コーディネーターをつとめる。2018年よりアイヌの伝統的な文身「シヌイェ」の研究を行う。第22回シドニー・ビエンナーレ「NIRIN」に作家として参加。

お問い合わせ

公益財団法人 北海道演劇財団
電話 011-520-0710