女子大生夜回り企画第1弾「夜の稽古場参観日」

女子大生夜回り企画第1弾「夜の稽古場参観日」
 札幌演劇シーズンの女子大生スタッフと、札幌演劇情報メディア「d-SAP」の女子大生スタッフが、ペンとカメラを持って夜な夜な札幌演劇シーズン参加劇団の稽古場を訪ね歩くコラボ企画「女子大生 夜の稽古場参観日」。
 作品について聞きました。演出家や俳優に聞きました。知っているようで知らないスタッフの仕事についても聞きました。おすすめの本についても聞いてみました。つくり手が語る演劇の魅力と演劇への熱い思い。つくり手と観る側の距離をギュギュッと縮める新企画です。果たして女子大生の運命やいかに。(※ときどき男子大学生も登場します)
 札幌演劇シーズンの女子大生スタッフと、札幌演劇情報メディア「d-SAP」の女子大生スタッフが、ペンとカメラを持って夜な夜な札幌演劇シーズン参加劇団の稽古場を訪ね歩くコラボ企画「女子大生 夜の稽古場参観日」。
 作品について聞きました。演出家や俳優に聞きました。知っているようで知らないスタッフの仕事についても聞きました。おすすめの本についても聞いてみました。つくり手が語る演劇の魅力と演劇への熱い思い。つくり手と観る側の距離をギュギュッと縮める新企画です。果たして女子大生の運命やいかに。(※ときどき男子大学生も登場します)

その2 パインソー「extreme+logic(S)」時間割

「extreme+logic(S)」の 演出の山田マサルさんと、出演の赤谷翔次郎さん、田中温子さんにお話を伺いました。

照明の山本雄飛さんにお話を伺いました。

インタビューダイジェスト動画

お話を伺った皆さんには「おすすめの本」も紹介していただきました。

インタビュー詳細は、札幌演劇情報メディア「d-SAP」の特集ページをご覧ください。

住永 梨帆さん

北海道教育大学岩見沢校芸術スポーツビジネス専攻2年、
札幌演劇シーズン事務局でインターンシップ中

 照明の山本さんは静かな佇まいの中から演劇に対する愛情が溢れ出してくるような方でした。「演劇と出会って人生が変わった」と言ったのを聞いて、人生を変えるほどの力のある演劇というコンテンツの計り知れない力というものを改めて強く感じました。
 続いてお話を伺った山田さん、赤谷さん、田中さんは、お話がとても面白く、笑いの絶えない時間でした。パインソーの稽古場は、「extreme+logic(S)」のイラストビジュアルを拝見した時に感じたときと同じで、自分の中に生まれたワクワク感がそのまま存在しているといった雰囲気でした。今回の作品で取り入れられているマルチエンディングを楽しみにしている身としては、色々とお話を伺って「本番はどうなっているんだろう!?」という期待が更に深まりました。

松浦 若菜さん

北海道教育大学岩見沢校芸術スポーツビジネス専攻2年、
札幌演劇シーズン事務局でインターンシップ中

 演出家、役者、それぞれの個性が立っていて、その個性がぶつかりながらも消されることなく、作品に反映され、観客を楽しませているのは、パインソーという劇団の「互いを認め合うチームワークの良さ」があるからなのだと、話を聴いていて思いました。だからこそ、他の劇団の作品にはないような作風や、マルチエンディングなどの違った楽しみ方など、パインソーならではの面白い舞台が出来上がるのだと思います。劇団によってそれぞれの色が違うということを改めて感じました。
 演出家の山田マサルさんの「稽古のときに、役者の皆さんがさらに作品を面白くしてくれる」という言葉が、強く印象に残っています。それぞれが認め合いながらも、自分を高め合って芝居をして、一つの作品を作り上げているのだと感じました。

インタビュー詳細は、札幌演劇情報メディア「d-SAP」の特集ページをご覧ください。

その1 yhs「夜の稽古場参観日」時間割

「忘れたいのに思い出せない」の脚本・ 演出の南参さんと、出演の福地美乃さん、曽我夕子さんにお話を伺いました。

音響の橋本一生さんにお話を伺いました。

インタビューダイジェスト動画

お話を伺った皆さんには「おすすめの本」も紹介していただきました。

インタビュー詳細は、札幌演劇情報メディア「d-SAP」の特集ページをご覧ください。

住永 梨帆さん

北海道教育大学岩見沢校芸術スポーツビジネス専攻2年、
札幌演劇シーズン事務局でインターンシップ中

 初めにお話を伺った音響の橋本一生さんは、言葉のひとつひとつから「音響」という仕事への熱と愛情が伝わってくる方でした。「先入観を無くすために台本をもらっても家では読まないようにしている」「稽古を見て、役者や演出がいろいろやっているのを見たときに思いついた事を大切にしている」と言う橋本さん。つねに「ライブ感」にこだわり、生ものである演劇に対していつも柔軟に、そして真摯に向き合っている姿が特に印象的でした。
 続いてお話しを伺ったのは「忘れたいのに思い出せない」脚本・演出の南参さんと出演の福地美乃さん、曽我夕子さん。南参さんはこの作品を「社会派の作品」と言われることにどこか違和感を感じている様子でした。南参さんが言った「観劇することで自分の状態を確認しに来て欲しい」という言葉には、この作品が扱う「認知症」、そして「妊娠・出産」といったテーマは私たちの日常から遠く離れているものではなく、当たり前に存在するものなのだから、作中の出来事を遠く感じるのではなく、自分と重ね合わせたり比べたりすることで改めて自分自身を見つめて欲しい、という願いが込められているのではないかと思いました。南参さんの「社会派だねって言われることもあるんですけれど、もっと個人的なことなんです」という言葉に素直にうなずけました。

松浦 若菜さん

北海道教育大学岩見沢校芸術スポーツビジネス専攻2年、
札幌演劇シーズン事務局でインターンシップ中

 音響の仕事は、芝居上の要求された音を探し、それを本番で流すという決められた仕事と思っていましたが、橋本一生さんのお話しを聞いて、その固定観念のようなものが壊された気がしました。そして「生の舞台で起きるバグ(意図的ではない思わぬ結果)が、最も音響の仕事で面白い瞬間」と言う、その自由な考え方に感動しました。生の芝居だからこそ起きる予期せぬ舞台の可能性こそが、演劇をつくる楽しさにもつながっているように感じました。
 また、稽古場見学では、稽古の前の役者さんたちの和やかな空気から一転、芝居が始まるとスイッチが入り、張り詰めた空気の中で芝居に対する熱を感じ、圧倒されました。同じシーンを何回も稽古し、やる度に変わっていく感情のつけ方や声の抑揚など、役者と演出家の思いが重なっていくのが見えたような気がしました。
 主演の福地美乃さんが言った「劇場は、作品を観にいく場所ですが、“自分と向き合う場所”でもあるんだなと感じています。作品を観て、どう生きたいかを考えられる場所」という言葉に強く共感しました。その“自分と向き合う”ということこそ、演劇の力であると思いました。

インタビュー詳細は、札幌演劇情報メディア「d-SAP」の特集ページをご覧ください。

pagetop