劇団紹介

トランク機械シアター トランク機械シアター

2012年に現役保育士とタッグを組んで結成。
大人と子どもが一緒に楽しめる作品を目指し、札幌を中心に全国で公演を行っています。また劇場だけではなく、幼稚園や保育園・学校などでも公演を行っています。代表作ねじまきロボットαシリーズの他、観劇した子ども達と一緒に舞台を作る児童劇や、大人向けの作品も製作するなど、幅広い作品を作っています。
文化庁P新人賞2016観客賞受賞。札幌劇場祭TGRでは審査員賞・観客賞多数受賞。
2017年は本作品で優秀賞を受賞。

WEBSITE : http://trunkmachinetheater.blog.fc2.com/

MESSAGE

立川佳吾

立川佳吾

トランク機械シアター代表/脚本家・演出家・役者

役者が顏を出して、自らも演じながら上演するスタイルではありますが、人形劇として「演劇シーズン」に参加ができることを嬉しく思います。
ねじまきロボットαのシリーズは、現在までに30作品近く作られ、全国でたくさんの方に観ていただいています。
札幌で、北海道で、日本で、世界でアルファーを知らない人はいない。
そのための第一歩になればと思っている作品です。
子どもにお芝居を観てもらうためには、一緒に観てくれる大人の力が必要です。
『こどもごころ』を思い出しながら、思い切り声を出して、身体を動かして、ドキドキ&ワクワクの世界を一緒に楽しんでください。
終ったあとはアルファーのねじを巻いて、お友だちになってくださいね!?

pagetop