劇団紹介

劇団千年王國

1999年設立。代表・作・演出である櫻井(旧姓:橋口)幸絵が創り出す物語は、人間の感情を豊かに表現しているとの定評があり、テーマを徹底的に追求した華やかで芸術性の高い舞台は、観客を非日常の世界へと誘い魅了する。
近年では東京や大阪・福岡・宮崎など道外での公演のほか、2011年には韓国の「光州平和演劇祭」に招かれ初の海外公演を行うなど活動の場を広げている(作品名:「贋作者」)。また、公演以外でも小中学校でのワークショップなど、演劇や音楽を通じて地域の人々と交流する活動にも積極的に取り組んでいる。

WEBSITE : http://sen-nen.org/

MESSAGE

櫻井幸絵

櫻井 幸絵

劇団千年王國代表/脚本家・演出家

開拓時代のアメリカ、ニューメキシコ州コランポー。この土地にはかつて、王と呼ばれる一頭のハイイロオオカミがいた。名前は「ロボ」。
児童文学の傑作として名高い、アーネスト・T・シートン作「狼王ロボ」は、発表から120年を経たいまでも世界中の人々に愛される名作です。開拓時代のアメリカを舞台に、ハイイロオオカミと人間たちの生き残りをかけた壮絶な戦いと、敵同士の間に生まれるかすかな理解と交流を描き、自然と人間との共存について、私たちに多くのことを問いかけてきます。狼王ロボにはミュージカル「エリザベート」でトートダンサーとしても活躍中の鈴木明倫さん。ロボと壮絶な戦いを繰り広げのちにその心に触れてゆく動物学者・シートン氏にはTEAM・NACSの森崎博之さんを迎え、この傑作の上演に挑みます。野生動物の身体能力を再現するダンサーたちの驚異的なダンスと、踊りだしたくなるような南米音楽の生演奏といっしょに、壮大な大平原の物語をお楽しみください。

pagetop