劇団紹介

札幌座

札幌座の前身TPS(シアタープロジェクトさっぽろ)は、1996年に北海道演劇財団の付属創造集団として発足し、2001年に劇団化しました。2012年4月、札幌でプロフェッショナルな演劇活動を目指す演劇人が共同で活動する場となるように機構改革し、「札幌座」と名称をあらためました。民間でありながらも、パブリックな役割を帯びた札幌の中核演劇創造集団として、専属メンバーのほか、他劇団で活動する人も参加できるシステムで、作品ごとに多様な演劇人たちと作品創りをしています。札幌座に所属する5人のディレクターたちの作品を、1年に5〜6本上演するとともに、毎年国内外ツアーもおこなっています。

WEBSITE : http://www.sapporoza.com/

MESSAGE

斎藤 歩

斎藤 歩

公益財団法人北海道演劇財団 常務理事・芸術監督
札幌座チーフディレクター/劇作家・演出家・俳優

一年ほど前、シアターZOOの入り口の階段下の暗がりで、たまたま札幌を訪れていた増澤ノゾムくんと立ち話をしていた時に「チェーホフとかをさ、札幌でじっくり創りたいよね」「東京で職業俳優をやっていると、色々あってねえ…」「ワーニャは?」「いいですねえ」…
そんな会話からこの企画が浮上したのです。
原作は、ロシアの片田舎、夏の避暑地が舞台です。
今回、演劇シーズン「冬」ということですので、厳冬期の北海道であるということを作品に反映させて、冬の北海道でしか描けない人々の切なさ、やるせなさを、凝縮した小劇場空間に現わしたいと思います。
東京からは金沢碧さんもお招きして、洒落た音楽と大人の俳優たちによる骨太なドラマをお楽しみください。

pagetop