劇団紹介

イレブンナイン イレブンナイン

富良野塾の卒塾生を中心に2004年に結成。現在は札幌を拠点とする。演劇でしか表現できないもの、ライブならではのエンターテインメント性を追求しつつ、質の高い作品を生み出している。近年では活動の場をCM、ドラマ、映画、ラジオなどへも広げ、道内のTV局が製作する番組に企画から携わるなどの活動も行う。2013年より、それまでの納谷真大を代表とするユニットから、メンバー全員がそれぞれに企画をプロデュースし、様々な公演を打ち出していく企画・制作団体「ELEVEN NINES(イレブンナイン)」へと形を変える。演劇シーズンへの参加は今回で5度目。2017-夏ではレパートリー作品として参加。4,300人もの動員を記録する。

WEBSITE : http://eleven9.jp/

MESSAGE

納谷 真大

納谷 真大

イレブンナイン/役者・演出家・劇作家

イレブンナインの記念すべき第10回公演の作品であり、私がオトンから勘当された日に生まれた作品です。
5年の月日が流れ、イレブンナインも私も、それなりに、変わりました。イレブンナインはゆっくりとではありますが成長していっております。私は割と目に見えて衰えていっております。
半年くらい前に、オカンから、オトンが死にそうやから謝って仲直りして、と連絡がありました。会って謝るのは嫌だし無理だと思ったので手紙を書いたら、オトンから物凄いダメ出しをされました。が、なんとか、実家の和歌山に帰ることが許され、5年ぶりにオトンに会ったら、ホンマに死にそうなくらいガリガリに痩せておりました。
これを書いている今は、オトンはまだかろうじて生きてます、介護認定されているオカンと二人だけで、和歌山で、細く細く「生」を営んでおります。
このタイミングでこの作品を創れることは、きっと神様の思し召しだとおもっております。誠心誠意、創作します。

pagetop