作品紹介

mainimage.jpg
あれから12年、この世界のぼうりょくは、威力を増すばかりだ

パインソー公演

「ワタシの好きなぼうりょく」

脚本:川尻恵太(SUGARBOY) 演出:山田マサル

2022.2/16

logo.jpg

この物語が生まれたのは2010年。遡ること12年前だ。
干支が一周する間、世界はがらりと表情を変えた。
フィクションの世界とノンフィクションの世界は肉薄し、
ありえない事を、実はありえる事なのだと受け入れる事にも慣れてしまった。
そんな中、ぼうりょくは様々な形で我々に降りかかった。
形のあるぼうりょくも、形のないぼうりょくもだ。
ぼうりょくは消えず、威力を増した。
それでも我々は信じざるを得ないのだ。
ぼうりょくの向こうにさえ、何かしらの希望があるのだと。

公演日程

2/1(火)
19:00
2/2(水)
19:00
2/3(木)
14:30
2/4(金)
19:00

伊藤節生出演回

2/5(土)
14:30

配信限定スペシャルステージ
(無観客・配信のみ)
伊藤節生出演回


19:00

伊藤節生出演回

2/6(日)
14:30

伊藤節生出演回

※開場は上記開演時間の40分前です(上演時間は多少前後する場合がございます)

キャスト・スタッフ

■キャスト

戸澤亮/西田薫(札幌座)/横尾寛
ツルオカ/小島達子(ELEVEN NINES)/山田マサル
伊藤節生(※2月4日(金)〜6日(日)出演) ほか

■スタッフ

舞台監督:上田知 照明:新木拓朗((株)アーツ) 音響:奥山奈々 舞台美術:高村由紀子 助演出;村田こけし(メロトゲニ)
演出部:上田純平 衣装:アキヨ(jellyfish)
楽曲:あらいふとし(one cake size feathers) 映像:おしりマグナム
制作:tattinc.、鶴岡ゆりか 協力:AIR AGENCY、札幌演劇人育成委員会 企画制作:パインソー/Pyloninc.

演出家メッセージ

Voice〈過去アンケートより〉

様々なエピソードがシュルリアリスティックにつながり錯綜する魅力的な舞台。 歯ごたえのある川尻の脚本を演出の山田ががっちりと受け止めた力作だと思う。

題名に「ぼうりょく」とあることから、見る前は正直「『エロ、グロ、ナンセンス』の こてこてだと嫌だなあ」と苦手意識を持って観劇に臨んだが、まるっきり違った。 ナンセンスはナンセンスなのだが、時に深い哲学的とも言える考察が折り交ざった “センスのあるナンセンス”なのだ。

『切実な問い』があり、断片的な映像で返答される。 それがサブリミナル効果のように、脳裏に焼きつきます。本能的で、哲学的。 悲哀すら感じるほど切実なのに、笑いがこみ上げてくるような… 不思議な作品でした。

料金(前売り・当日共通)

日時指定/全席自由
税込
未就学児童入場不可
[一般] 3,000円
[学生] 1,500円

チケット取り扱い

ローソンチケット
Lコード:10103
チケットぴあ
Pコード:509-398
道新プレイガイド
TEL:0570-00-3871
https://doshin-playguide.jp/
市民交流プラザチケット
センター店頭

https://sapporo-cp-members.jp/

会場

札幌市教育文化会館 小ホール
札幌市中央区北1条西13丁目
TEL:TEL.011-271-5822(事業課)
HP:https://www.kyobun.org/
地下鉄東西線「西11丁目駅」1番出口から徒歩5分
※駐車場はございませんので公共交通機関をご利用ください。

map

お問い合わせ

パインソー (※平日11:00〜18:00)
TEL:011-252-9388
Eメール:info@paingsoe.com

pagetop