ゲキカン!


作家 島崎町(しまざきまち)さん

これは、あなたこそ観るべき作品だ。

「子ども向けの人形劇か。自分には関係ないな」そう思ったあなたのことだ。トランク機械シアター『ねじまきロボットα ~ともだちのこえ~』。いま札幌で観られる最良のファンタジー、大人のための寓話劇、観る前と観たあとでは、少しだけ、人生が変わる。

もちろん劇場には子どももいる。最前列に座って、前のめりになって舞台を観てるだろう。だから大人は、子どもたち込みで舞台を観ることになる。

ワクワク心躍らせる子どもたちを見て、自分も昔はこうだったなあと、過ぎ去りし遠い過去を思い出すのもいいだろう。だけど……

物語が進むにつれて、しだいに大人たちは気づいていく。いま観ているのは寓話、描かれているのは現代の縮図、社会が抱える問題がデフォルメされてる世界なんだと。

自分たちとは違う、そんな理由で迫害しようとするものがいる。権力者だ。そいつは金をあやつり仲間を増やし、他者を排除していく。おぞましい世界だ。

町の名は、「サツホロ」。ゾッとする。

客席の前方には、食い入るように舞台を見つめる子どもたちがいる。この子たちはこれから、他者への憎しみにあふれた、排他的な世界を生きなければいけないのだろうか。

舞台では、ねじまきロボットのアルファーが、友達のために力をふりしぼり、排外主義の権力者に立ち向かっている。子どもたちはアルファーを応援する。純粋だ。物語に没頭している。

いっぽう大人たちは? 突きつけられた現実に戸惑うだろう。現実世界で僕たちは、子どもにもわかる善悪の区別を、見て見ぬふりして放置してきたんだ。

でもだからこそ、アルファーを応援しよう。舞台の上で力を失わないように、優しいあの子を助けられるように、そして現実の世界を少しだけ、変えるために。

これは子どもたち“だけ”の作品じゃない。この世界をまだまだ楽しく生きていこうとする、未来ある大人たちのための舞台でもある。

……なんて書くと小難しい作品だと思うかもしれない。心配ご無用。かわいく愉快な人形&出演者が、ところせましと舞台を駆けまわり、はじめて行った土地で新しい友達と出会い、冒険する、そんなお話だ。

主人公・アルファー(縣梨恵)は明るく無垢な存在。動力である頭のネジを自分ではまわせないので、だれかを頼らないと生きていけない。だからこそアルファーは、ひとを100パーセント信じて生きている。

アルファーの友達・つぎはぎは、ブリキのロボットで歩くのがゆっくり。それがおかしくて、子どもたちは大喜び。すべり知らず。

パペポ(石鉢もも子[ウェイビジョン]、Wキャストでかわむらはるな)はパステル王国のアイドル。パステル語は日本語だと別の意味にもなって、笑いを誘う。意外と下ネタ?

パペポの応援隊長を自認するのがアラビック(寺元彩乃[capsule])。陰ながら応援する姿がかわいい。ふるえも最高(ぜひ観てほしい)。

パペポのマネージャーはマネマネ(高井ヒロシ。三島祐樹とのWキャスト)。当初、子ども向けとして作られた本作に、マネージャーという役があるのもすごく現代的。

権力者のスーツ大臣(立川佳吾。ほかキャストに小松悟、Hide-c.[C-Junction])は、なんか見たことあるような気もするけど……。彼は子どものときに「アルファー」みたいな劇をもっと観てればよかったのにね(いまからでも遅くない?)。

お掃除係のドラパ(原田充子)はスーツ大臣の手下になるが、主義主張のなさというか、信念の底が抜けてる感じが、かえってフットワークを生み出して軽やか。

ドラパはじめサツホロに住むキャラは、クレヨンで塗り重ねたような彩色で、造形ふくめ美術としてもとてもいい(もちろんアルファーたちレギュラーメンバーもいい!)。三島祐樹@ラバの音楽も心に残るし、すぐれた舞台というのはやはりトータルとしていいんだなあと実感した。

アルファーのシリーズは30作を越えているらしい(すごい!)。1本くらい完全に大人向けを打ち出して作っても、人気が出そうな気がする(僕は観てみたい)。

島崎町(しまざきまち)
1977年、札幌生まれ。島崎友樹名義でシナリオライターとして活動し、主な作品に『討ち入りだョ!全員集合』(2005年)、『桃山おにぎり店』(2008年)、『茜色クラリネット』(2014年)など。2012年『学校の12の怖い話』で作家デビュー。昨年6月に長編小説『ぐるりと』をロクリン社より刊行。縦書きと横書きが同居する斬新な本として話題に。
ライター・イラストレーター 悦永弘美(えつながひろみ)さん

歴史的大寒波の夜。個人的に初めてのhitaruクリエイティブスタジオであり、初めてのトランク機械シアター。期待に胸を膨らませつつ、寒さから逃げるように創世スクエアに滑りこむと、1階のエスカレーター付近で可愛らしい人形を操っている人たちが。丁寧に会場を案内していて、あぁすでに始まっているんだなぁと嬉しい気持ちになる。
開演15分前に席に着いたのだが、会場の温め方も逸品!子どもたちはもちろんのこと、お一人様の大人も一緒に「アルファーのねじねじダンス」。思わず笑みがこぼれ、照れ臭さも消えていくのが不思議。あぁ、息子連れてくればよかったなぁ・・・と、楽しそうにダンスする子どもたちを見て、ちょっぴり後悔もした。
世界中のみんなと友達になる夢を持ち、旅に出ていたα(アルファー)がたどり着いたのは「さつほろ」。そこで、パステル語を話すアイドル・パペポに出会い、言葉が通じなくても二人はとても仲良くなる。さつほろには、パペポと同じ言葉を話す観光客が大勢来ていて、大賑わい。しかし「知らない言葉を話すのがなんだかいやだ」と思うスーツ大臣が現れて、権力を武器に動き出す……。
排外主義のスーツ大臣、言われなき差別を受けるパステル王国の人々、言葉の弾圧、密告による投獄、パぺポのステージに貼られた「Liar」や「HATE」のステッカーの数々。さつほろで繰り広げられるのは、想像以上に風刺の効いた物語だ。子どもはスーツ大臣を「なんて意地悪な人なんだ」と思うだろうし、大人たちの中には自分の胸に手を当て、思わずドキリとする人もいるだろう。
αを取り巻く仲間の心の移り変わりもグッとくる。自身の目で確かめず伝聞だけを信じてしまったり、長いものに巻かれてしまったり。劇中のアラビックのセリフ「君の名前も呼ぶことができないんだ」には、胸が締め付けられたし、スーツ大臣に対して「ともだちになれなかった」と悲しむαの言葉には、単なる勧善懲悪ではない物語の深みをしみじみと感じた。他者にねじを巻いてもらうことで動けるというαの設定もまた、感慨深い。強いメッセージ性を持ちながらも、終始温かな世界観で大人も子どもも楽しませてくれる、隙のない優れた脚本に心底脱帽だ。
余談だが、αのかわいさにすっかり虜になってしまった私。息子に見せようと終演後に「ねじまきロボット〜バクバク山のオバケ〜」のDVDを購入したのだが、こちらもまた秀逸な物語。オススメです!

悦永弘美(えつながひろみ)
1981年、小樽市出身。東京の音楽雑誌の編集者を経て、現在はフリーのライター兼イラストレーターとして細々活動中。観劇とは全く無縁の日々を送っていたものの、数年前に演劇シーズンを取材したことをきっかけに、札幌の演劇を少しずつ観るようになる。が、まだまだ観劇レベルはど素人。2015年、仲間たちとともに短編映画を制作(脚本を担当)。故郷小樽のショートフィルムコンテストに出品し、最優秀賞を受賞したことが小さな自慢。
pagetop