劇団紹介

札幌市こどもの劇場やまびこ座

子どものための専門劇場として昭和63年8月6日に開館。人形劇・児童劇・伝統芸能などの上演と、その上演活動を支える人材育成を柱とした運営スタイルで児童文化を創造発信し続けている。また、プロデュース公演事業の実施など創造的な事業を展開し「子どものための劇場」の先駆けとして道内外から注目を集めている。平成27年度には、長年にわたる人材育成を通した劇場運営が認められ「平成27年度地域創造大賞(総務大臣賞)」を受賞。年間200公演以上を行う。

WEBSITE : http://www.syaa.jp/sisetu/gekijou/yamabiko/

MESSAGE

沢 則行

沢 則行

人形劇師/チェコ在住

地図をさかさまにすると、オホーツク海は大陸や島々に囲まれた超巨大な生け簀に見えてきます。 古代、この海域の水温は今より2、3度高く、その豊かな海の幸・山の幸を求めていくつもの民族が南北から集い交わる、ある種の「楽園」だったであろうと云われています。使われていた言語も3、4種類以上あったんじゃないか、と…そんな凄い時代の記憶を埋め込んだ島の上で、今ぼくらはちょっとの間、生かしてもらってるわけです。この芝居は3年前の初演、昨年の再演と本当にたくさんのお客様に来ていただきました。ありがとう、教文!そしてこの夏、ぼくらは漁場をやまびこ座に移し、まる一週間、腰を据えてまた網を掛けます。そして、あなたと、あなたと、あなたも、一網打尽に…へっへw

pagetop