劇団紹介

劇団アトリエ

2011年1月結成。
自らの演劇の探究心を満たしつつ同時に人の心を豊かにする作品づくりを目指す。演劇の可能性を探求するため、試行錯誤しながら様々なジャンルの演劇に挑戦していく。コメディ、会話劇、不条理、ファンタジー、シュールレアリスムなど様々な手法を用いながら、人間のこと、世界のことを表現していく。決してすっきりはせず、心になにかしこりが残るような作品が多い。2011年に札幌劇場祭TGR2011で新人賞。代表の小佐部が若手演出家コンクール2015優秀賞受賞。

WEBSITE : http://gekidanatelier.web.fc2.com/

MESSAGE

小佐部明広

小佐部明広

劇団アトリエ代表/脚本家・演出家

演劇シーズンに参加してきた歴代と今回の団体を見るに、圧倒的に若者だった26歳の僕です。『学生ダイアリー』を上演したときは大学生で22歳の僕でした。26歳の僕なら書かないようなセリフがたくさん書いてありました。当時は2012年で、日本の総理大臣が1年おきに変わっている時代でした。4年後の今に上演されると、また少し見え方が変わってくるだろうなと思います。若者の姿なんか見ても、大人はつまんないとか言うんだろうと思っていたら、大人の人たちがこの作品を演劇シーズンの作品に選んでくれました。本当にありがたいです。『学生ダイアリー』は写実的な作品です。物語はあまりありません。音楽もかかりません。でもきっと好きな人には面白がってもらえると思います。よろしくお願いします。

pagetop